Mar 8, 2017

「ひらかれた扉 / Open Door 」尾道市立大学美術学科教員展

この度、尾道市立大学美術学科教員展「ひらかれた扉  Open Door」を開催します。隔年で開催している教員展は、今年第5回目をむかえました。この展覧会の一番の目的は、美術作家やデザイナーとして活躍する本学教員の研究成果を広くご紹介することです。久山田にある尾道市立大学の美術学科棟では、廊下を挟んで学生のアトリエと教員のアトリエが並んでおり、日々互いに刺激しあって教育・研究が行われています。学生のみならず、広く大学関係者や地域の方々、そして尾道を訪れる皆様に、まるでアトリエの扉から中へ足を踏み入れるようにして教員たちの創造や探求に触れていただきたく、「ひらかれた扉」という副題を掲げました。
 今回は、日本画・油画・デザインの各コースから、15名の教員による作品を展示します。会期中にはギャラリートークや座談会も予定しています。美術館の扉もまた、いつも皆様にひらかれています。どうぞご覧ください。



2017年3月24日(金)-  5月7日(日)
水・木曜日は休館(祝日は開館、4月5日は特別開館)
10:00 - 18:00



ギャラリートーク:
4月5日(木) 14:00 -  MOU尾道市立大学美術館 展示室にて

 出品作家が作品を前に自作について語ります。



座談会「反復と再制作」:
4月15日(土)14:00 -  MOU尾道市立大学美術館 展示室にて

 作家やデザイナーにとって、繰り返しや、やり直しを含む広い意味での「反復」は、技術の習得、課題や表現の追求、そして自作や自己イメージの展開といった創作の本質に関わる重要な問題です。この「反復」という切り口から、出品作家数名が、座談会形式でそれぞれの芸術観について議論します。



MOU 尾道市立大学美術館
広島県尾道市久保3-4-11
tel 0848-20-7831
Blog:


-


尾道市立大学 / Onomichi City University:


KAKI's Recent Exhibitions

RECOMMEND